ミカルディスの効果や副作用などの特徴を紹介!

ミカルディスは高血圧治療に用いられる薬で、アンジオテンシンII受容体拮抗薬と呼ばれる新しいタイプの降圧薬です。
特徴としては従来使用されてきたACE阻害薬に多く見られた「咳」の副作用がほとんど起こることがなく、その他の副作用に関しても比較的少ないので安心です。また高血圧治療だけではなく、臓器保護作用もあります。
血圧が上がる原因はアンジオテンシンIIがアンジオテンシンI受容体(AT1受容体)に結合することで血管平滑筋が収縮して、血圧が上昇していきます。
そこでミカルディスを服薬することによって、作用機序によりアンジオテンシンII受容体拮抗薬が体内物質であるアンジオテンシンIIを抑えることに成功して、体内の血管が広がり、水分や電解質が調整されて血圧を下げることができるわけです。同時に臓器保護作用も働きますので、安心感がある薬と言えます。
正しく作用機序するためには薬を飲むだけではなく、タイミングも重要です。食事による影響を受けやすいのも特徴で、食前と食後に服用した時を比較すると、食前の空腹時に服薬した方が血中濃度が高くなるという報告があります。そのため一般的には食後の服用が望ましいですが、医師による指示で食前と言われた時にはそちらを守ってください。
消失半減期が長いのも特徴で、ミカルディスを服用してから血中濃度が半減する時間は20~24時間となり、1日1回の服用で持続的に血圧を下げることが可能です。
それゆえ注意したい点として、飲み忘れた時に薬が重複しないようにしてください。
半日ほどの間なら問題はありませんが、間隔が短いと薬の飲み過ぎに当て嵌まってしまい、効果が高くなり過ぎ血圧の下がり過ぎなど危険な状態になる可能性があります。誤って2回飲んだといった時には、すぐに病院で医者の診察を受けてください。
ミカルディスは高血圧改善、治療に効果的な薬で、副作用の少なさも魅力です。しかし絶対に起こらないということはなく、事前に起こる可能性を知っておけば、発症した時に迅速な対応ができるようになります。
飲み合わせの注意点と合わせて覚えておくことで、不測の事態を避けられるはずです。病気の治療と同じく、副作用も素早い対処が大切になります。
代表的な副作用は体のだるさやめまい、頭痛などですが、これらは薬を服用し続けると次第に慣れてくることが多く、最初は辛かったがすぐに気にならなくなるという場合が多いです。
ただ酷い時は早めに医師に相談してください。類似薬に多かった咳の副作用はほとんど起こることがありません。
基本的には重い副作用はほぼ起こりませんが、薬が効き過ぎてしまうと血圧が下がり過ぎて、強いめまいや立ちくらみなどを起こします。
時として失神など一時的な意識消失も報告されていますので、普段から貧血気味、高齢者、減塩治療中の人などは注意が必要です。また夏の暑い季節、利尿剤など他の薬を併用する時も気を付けてください。
ごくまれにですが、肝臓が悪くなるケースもあり、そのため定期的に肝機能の検査を受ける必要が出てきます。
同じく滅多にありませんが、顔や口が腫れあがってしまう重篤な欠陥浮腫も起こる場合があるので異常を感じたらすぐ医師に相談してください。
これらは飲み始めに起こるケースが多いので、服用後は体調のチェックも必要です。
ほとんど副作用は起こらないと言っても、出てくる場合もあるので日常生活の中でも気を付けなければいけないことがあります。車の運転や高所での作業など、一瞬のめまいも命取りになってしまうので注意が必要です。
副作用は飲み始めに起こり、しばらくして体に馴染むと出なくなるので、飲み始めは安静にできる環境を整えておくと安心できます。