心筋梗塞のリスクと血圧の数値の低下にオルメテック

オルメテックはアンジオテンシン2受容体阻害剤として知られる比較的新しい降圧剤です。レニンーアンジオテンシン系と呼ばれる血圧調節系においてアンジオテンシン2受容体を選択的に阻害することによって血管収縮やアルドステロン分泌を抑制することにより血圧の低下をもたらすことができる薬です。高血圧の治療において目指されることの一つが降圧剤の使用によって血圧の数値を年齢ごとにガイドラインに定められた領域に下げるということであり、オルメテックはその第一選択薬として選ばれるものの一つとなっています。
高血圧は血管の内圧が高まった状態になることによって徐々に血管壁が肥厚してもろくなり、動脈硬化につながりやすいというリスクの高い疾患です。これが冠動脈で生じると心筋梗塞につながることになり、血圧の数値をコントロールすることで血管への負担を下げることは心筋梗塞等の重篤な疾患のリスクを下げるために重要な考え方となっています。オルメテックはその目的で用いられますが、同様にレニンーアンジオテンシン系に作用する降圧剤としてACE阻害剤があります。ACE阻害剤は心筋梗塞の抑制効果があるということが知られていることからオルメテックのようなアンジオテンシン2阻害剤よりも好んで用いられる場合もあります。しかし、副作用の面を考えるとACE阻害剤は空咳や血管浮腫を引き起こすことが知られているため、どちらを選ぶかは患者のレスポンスに応じて考える必要があります。しかし、いずれの降圧剤を用いたとしても血圧の数値を正常域にコントロールするということが大切であり、一方で効果が得られない場合には他方の使用を考えるのが一般的な方法となっています。